Jリーグの決算とかを眺めてみる。

経営知識のない人間による、Jリーグのクラブ情報を見てみるブログ

過去5年で最も成長したJリーグのクラブはどこか?

営業収益が増加したクラブ/減少したクラブ

2013年から2017年までの5年間で、営業収益が増加したクラブは54クラブ中49クラブ。逆にいうと、営業収益が減少したクラブはたったの5クラブだけです。

Jリーグ全体での5年間の成長は約130%で、平均して年7%成長です。これには、各クラブの成長もありますが、クラブ数の増加(51→54)も大きく関係しています。

最も成長率が高いクラブ

No クラブ 成長率(%) 増加金額(100万円)
1 盛岡 375 206
2 琉球 365 175
3 讃岐 316 476
4 神戸 267 3,277
5 山口 265 635
6 相模原 254 171
7 札幌 250 1,605
8 金沢 236 378
9 長野 228 394
10 福岡 227 1,108
参考 山口(*1) 653 863

5年前と比較して、成長率を計算したとき最も成長率が高いクラブは、JFL時代を含めるとレノファ山口です。レノファ山口の一番古い決算情報はJFL時代の2014年度ですが、そこと比較して6.5倍に営業収益が伸びています。J3への参入から比較しても、2.6倍の伸びで、全体の5位にランクインしています。後発でJ3への参入してから3年で10億に到達したレノファ山口は、今後Jリーグを目指すチームのモデルケースの一つになるのではないでしょうか。

J参入後だけで考えるとグルージャ盛岡が最も成長率が高く、3.7倍。そこからFC琉球、カタマーレ讃岐と小規模地方チームが続きます。その次がヴィッセル神戸で2.6倍なのですが、元の営業収益が大きいため金額にすると、なんと32億も増加しています。まだイニエスタの影響が入っていない状態ですので、2018年度はさらに伸びることが想定されます。

傾向として、成長率で見た場合は元々の営業収益が小さいクラブほど大きく出やすいので高い順位となりやすく、地方の小規模チームの多くが上位に入っています。中規模以上のチームで上位に入っているクラブの場合、ヴィッセル神戸も含め、かつて破綻しかけたクラブ(コンサドーレ札幌アビスパ福岡)がV字回復を達成することで高い成長率を記録しています。ただ、ヴィッセル神戸の場合は、それ以上の要因がありそうですが。。。

最も営業収益が増加したクラブ

No クラブ 成長率(%) 増加金額(100万円)
1 神戸 267 3,277
2 浦和 138 2,185
3 G大阪 178 2,180
4 川崎F 159 1,909
5 鳥栖 197 1,646
6 札幌 250 1,605
7 福岡 227 1,108
8 鹿島 127 1,106
9 松本 212 1,052
10 FC東京 129 1,043

差分の金額で見ると、ヴィッセル神戸が一番増加しています。それ以外は元々の営業収益が大きいところが順当にランクインしています。

規模が大きくなかったところから急成長を遂げているのは、サガン鳥栖松本山雅FCですね。サガン鳥栖はCygamesとの関係からでしょうか、急激に営業収益が伸びています。松本山雅FCは2015年にJ1に昇格した際に広告料収入が伸び、J2に降格してからも広告料収入があまり減少しなかったことで、大きな伸びとなっています。やはり上のカテゴリーを経験することで、クラブの市場価値が一気に高まる傾向にあることがわかりました。

まとめ

それぞれの上位5チームをプロットすると下記のような図になります。成長率では、JFL時代を含めた場合のレノファ山口が、増加額ではヴィッセル神戸が頭一つ抜けている状態なのがよくわかります。

2018年度の決算ではどのように変化しているのか、まだシーズン中ですが楽しみです。

f:id:shunpoko:20180914211402p:plain

Jリーグのクラブごとの収益構造について

 Jリーグに所属する各クラブの収益構造を見てみようかと。

 ヨーロッパのクラブとの比較を行いたいのですが、フットボールマネーリーグでの集計単位とJリーグの集計単位が異なるため、ちょっと雑ですが、以下のように対応付けて見てみることにします。

Jリーグ フットボールマネーリーグ
入場料収入 Match day
Jリーグ分配金 Broadcast
広告料収入 Commercial
アカデミー関連収入
物販収入
その他収入

カテゴリー別の収益構造

f:id:shunpoko:20180907181109p:plain

 カテゴリー全体の収益構造は上図のようになります。上のカテゴリーほど入場料収入や物販収入の割合が高く、下のカテゴリーに行くほど広告料収入の割合が高くなっています。

 課題は放映権料(=Jリーグ分配金)の割合の低さです。フットボールマネーリーグによれば、ヨーロッパのトップチームの場合、一番割合の小さいクラブでも30%は放映権料による収入となっています。放映権料の割合が大きいクラブは、80%以上が放映権料の収入となっているクラブも存在します。Jリーグで一番割合の高いクラブが甲府の25%とまだまだ、ヨーロッパと比較すると低い水準です。昨年の優勝チームである川崎に対し、理念強化配分金が10億円分配されたとしても25%ですので、DAZN効果が反映されてもヨーロッパ水準には到達できません。

 Jリーグとしても、より高い放映権料を得るための施策をいくつか実施していると思われます。例えば、提携国枠*1の設立です。主に東南アジアが中心ですが、外国人枠の扱いでなく起用することができる枠を用意しています。提携国の代表クラスがJリーグで試合に出場することで、ブランディング強化を行っているわけです。アジア大会で良い戦いを見せていたベトナム、マレーシアなどの選手を獲得してくるクラブが出てくるといいのですが。

J1クラブの傾向

f:id:shunpoko:20180907181115p:plain

 クラブ単位に見ると特徴的なのが、ヴィッセル神戸/大宮アルディージャといった広告料収入が60%を超えるクラブ。

 ヴィッセル神戸ポドルスキーの年俸(7億)として補填されているのではないかと。2018年はイニエスタの年俸(32億)を賄う必要があるので、さらに伸びているのではないかと思います。まあ、イニエスタ効果で入場料収入や物販もある程度伸びるのではないかと。

 大宮アルディージャはなんで高いんでしょうね?メインスポンサーがNTTグループだからでしょうか?

 あとどのカテゴリーもそうなのですが、予算が小さいクラブほどJリーグ分配金の割合が高くなる傾向にあります。予算の小さいクラブには、とてもありがたいJリーグ分配金。リーグ全体の魅力を上げて、予算規模の大きいクラブでも大きな収益の柱となるようになってほしいところ。

J2クラブの傾向

f:id:shunpoko:20180907201639p:plain

 J2では、名古屋グランパス/ジェフ千葉/京都サンガFC/徳島ヴォルティスの広告料収益が60%を超えています。ある程度大きな都市の象徴となるクラブなので、高くなっているのかな。徳島ヴォルティス大塚製薬の出資によるものでしょうか?よくわかりません。

 モンテディオ山形はその他収入が47%と非常に高くなっていますね。なんだろうと思って調べてみたところ、2014年から天童市にある山形県立総合運動公園の指定管理事業をやっており、それがその他収入になっているもよう。現に2014年度からその他収益が倍増していました。アビスパ福岡も高い値を出しているのですが、その要因は調べてみたがわからず。2015年度から増えているのですが、これは何なんでしょうね?

J3クラブの傾向

f:id:shunpoko:20180907203304p:plain

 J3では元々の規模が小さいからか、かなり収益構造にばらつきが見られます。特徴的なのはアカデミー関連収入が45%と非常に高い割合を占めているYS横浜でしょうか。設立の目的からしても生涯スポーツを謳っているので、アンダー世代以外の社会人世代に向けて行っている事業の収入が大きいのかと。

 

 いろいろ調べてみた新しい発見は、モンテディオ山形の指定管理事業ですね。今後はスタジアムに併設した商業施設の収入とかが大きくなってくるクラブも出てくるのでしょうね。

*1:2018年度の提携国枠:タイ、ベトナムミャンマーカンボジアシンガポールインドネシア、マレーシア、カタール

Jリーグのクラブ決算を流し読み!

 7/30にJリーグより2017年度の各クラブの決算が発表されました。

https://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h29kaiji.pdf

初めて全クラブの営業収益の合計が1000億を超え、DAZN効果等もあり、Jリーグが成長していることがわかりやすい数値として出ました。

 成長している要素はなにか?どういった傾向があるのか?など発表された数値を元に気になった部分を分析してみたいと思います。

2017年度 ~まずは超ざっくり~

 2017年度の営業収益のTOP10はこちら。

順位 クラブ 営業収益(百万円) カテゴリー
1 浦和レッズ 7,971 J1
2 ヴィッセル神戸 5,237 J1
3 鹿島アントラーズ 5,228 J1
4 川崎フロンターレ 5,123 J1
5 ガンバ大阪 4,966 J1
6 横浜Fマリノス 4,765 J1
7 名古屋グランパス 4,594 J2
8 FC東京 4,588 J1
9 清水エスパルス 4,010 J1
10 セレッソ大阪 3,976 J1
参考 J1合計 73,479 J1
参考 J1平均 4,082 J1
参考 J2合計 31,079 J2
参考 J2平均 1,413 J2
参考 J3合計 6,004 J3
参考 J3平均 429 J3
参考 Jリーグ全体平均 2,047.4 -
参考 Jリーグ全体中央値 ※1 1,499.5 -

※1 偶数なので27位:湘南(1,566)と28位:岡山(1,433)の平均値

 

群を抜く浦和レッズ。それでも・・・。

 リーグでは7位と低迷しましたが、ACLで10年ぶりの優勝を果たした浦和レッズが飛び抜けて高い営業収益(約79億円)をあげています。J3に所属する14チームの営業収益の合計(約60億円)よりも大きな収益をあげることができています。

 

f:id:shunpoko:20180901093716p:plain

 浦和レッズの営業収益がJリーグの中で、どれくらい飛び抜けているのかを示すために、54クラブで偏差値を算出してみたところ、浦和レッズの偏差値は83。2位のヴィッセル神戸が偏差値67なので、差は歴然です。

 

 しかし、それでも世界的に見た場合、浦和レッズでも規模はまだまだ小さいと言わざるを得ません。デロイトトーマツ社が毎年発表しているFootball Money League*1によれば、2017年で一番売上を上げてクラブはマンチェスター・ユナイテッドでその額なんと、日本円にして約850億円となります。これはJ1の18チームの営業収益の合計よりも大きいです。

 同じくFootball Money Leagueによれば、中国の有力チームである広州恒大は、浦和レッズを超える約96億円もの営業収益があり、更に今後伸びていくことが予想されています。

 また、日本で最も人気のあるプロスポーツであるプロ野球に目を向けると、2015年の古いデータになってしまいますが、一番収益の少ないヤクルトスワローズで約77億円、一番収益の多いソフトバンクで約274億円と浦和レッズと同等、もしくは3倍以上となっており、まだまだ、クラブレベルではプロ野球とは大きな差はあると言って良いでしょう。

 

 Jリーグでは抜きん出た存在である浦和レッズですが、世界的に見れば規模は小さく、アジアでも一番になれていない状況です。Jリーグをより魅力的なリーグにするには、裾野を広げるだけでなくトップチームがより魅力的になっていく必要があるでしょう。浦和レッズを始めとした複数の有力クラブが、アジアでも有数のクラブに成長し、ヨーロッパのクラブと事業規模でも戦えるようなクラブに成長していくことを期待したいと思いますし、その流れは近年生まれつつあるので、ぜひ実現してほしいと考えています。

 

*1:デロイトトーマツグループ資料

www2.deloitte.com

このブログについて

このブログについて

経営知識のない決算の素人が、Jリーグの決算とかを色々分析を試みてみるブログです。

決算の数値、および順位・入場者数などはJリーグの公式発表資料を利用しています。

 

特に知見がない人間が、なんとなくの観点でまとめているものであり、決算の勘定項目がクラブ間で平仄が取れているかも不明なので、信頼性のあるものではありません。

 

営業費用の内訳に関しては、各クラブ毎に差異があると思いますが、浦和レッズの内訳を参考にしています。

www.urawa-reds.co.jp

 

こんな見方もできるという参考程度に見てください。